自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやいてみた。
 NHKの連続テレビ小説「マッサン」を見てて、涙してしまった。
このドラマは結構泣けるシーンが多いんだけど、熊さんが
奥さんの笑った顔を見たくて一生懸命働いてお家建てたのに、
それを見ることなく、流行病で死んでしまったと泣いているシーンを見て
人生ナカナカうまく行かないことが多いよね、とジーンと来た。

というわけで、(←どういうわけだろう。笑)久々のつぶやきです。
ちょっと長いけど、書いてみたくなりました。


 人生は、いつも順風満帆というわけではない。
山があったり、谷があったりする。
何をしたから何を得られるとか、良いことをしたから望みがかなうとか、
頑張った分だけ何かがつかめるとか、そういうことがあるわけではない。
人生には波があって、良い波も、ひどい波もあって、でもそれに理由はなくて、
ただ次々と、波がやって来続けるだけだ。
それが、どんな大変なことだとしても、避けることは出来ない。
嫌だと文句を言っても、結局、受け入れざるを得ない。
ただ意味もなく、自分の目の前で何かが起こっていて、
たんたんと、人はそれを受け入れて生きていく。
それが人生というものなんだなあと、最近思った。

世の中には、理不尽なこともいっぱいあるし、毎日何が起こるかわからなくて
不安に思ったり、いつか人生が終わる日も必ずやってくるけど、それは、お金が
たくさんあっても、地位が高くても、皆から尊敬されるような人であっても同じだ。
そういう意味では、誰しもが平等なのかもしれない。


人生は、これまで、私にとって、とても、生きづらいものだった。
いつも、周りの誰かとか、こうあるべき自分と見比べて、現実の自分の
劣っているところを、自分でも気が付かずに探して、攻撃して、落ち込んで、
それでも、いつか理想の自分になれるようにと、毎日を懸命に生きていた。
だけど、努力しても努力しても、うまく行かなくて、答えを探しても、頭の中で、
思考がグルグル回るだけで、何も見つけることが出来なかった。
苦しくて、苦しくて、苦しかった。
自分が嫌いで、誰か別の人になりたいとさえ、思った。

苦しくてもがいていたある日、本を読んでいて,
「頑張った自分を褒めてあげよう」という言葉を見つけて、涙が出た。
何かに許された気がして、ちょっとだけ楽になった。
そして、自分は、もう他の人になろうとしなくていいんだと、ふいに気が付いた。

また別のある日、自然災害で、死ぬかもしれないと覚悟を決めた時に、
事実を受け入れて、だけど、最後の瞬間が訪れるその前に、自分に出来る
最善を尽くそうと決めた瞬間、何故だか急に心が澄んで、何も怖いことが
なくなってしまった。
一時的ではあったけど、この経験で、心の中の、何かが変わった気がした。

時々、何か大事なことをつかんだ気がすることもあるけれど、
実際には特に何も変わらず、日々を過ごしていて、だけど、
何が起こっても大丈夫だという安心感が、最近は、ある、
・・・ような気がする。笑

毎日、起こることが、理由もなく、ただ、起こっていて、避けることも出来ないし、
ただ受け入れて生きていくことしか出来なくて、不安要素もあるけれど、
そういうものだと認めてしまえば、人生とはそういうもので、明日は
何が起こるか分からないことも覚悟して、起こるすべてを受け入れて、
その中で、自分に出来る精一杯を尽くせばいいやと思ったら、
何だか、生きるのが、だいぶ、楽になってきた。


人は、何かを手に入れたり、何かを成し遂げようとしたり、高い地位やお金を
目標にして、人生を突っ走っている人が多いと思うけど、自分のイメージする
ゴールというものは、どこまで走っても、本当は見つからないものなのかもしれない。

そして、生きていく中で、目の前で自分に起こることが気に入らなくて、
必死で抵抗して、何とかしようと、人は、もがくものだと思うけど、
人生に抵抗しているうちは、何も変わらない気がする。

人生って、理由もなく、ある日突然何かが起こって、どんなに嫌なことでも最終的には、
避けることが出来なくて、自分でコントロールすることも出来ないんだから、抵抗しても
意味がないと気が付いて、最善を尽くして、後は天に丸投げするしかない、
そういうものなのかもしれないと、思い始めた今日この頃。 
変な焦燥感は、だいぶなくなって来た、かな。


苦しかった時代と、ほとんど何も変わってないけど、今は毎日が楽しいし、幸せだと思う。
相変わらず、おっちょこちょいだし、太っちょだし、ダイエットは成功しないし、鏡を見ると
悲しくなるし、年のせいか体の故障も増えてるし、悩みもあるし、貯金も中々増えないし、
文句も色々あるんだけど、嫌なことも全部そのままで幸せって、何だか不思議な感じ。
人間って面白いね。



庭の植物、動き出しました。
 おしばらくでございます。
長らくお休みしておりまして、いつになったら私は復活するのやらという
感じだったのですが、引きこもってた家の中から、外の景色を見てみると、
寒い中でも植物の動き出しが見えるようになって来まして、ようやくまた
始めようかという気になりました。

あっという間に年越しも過ぎておりまして、ご挨拶もしておりませんでしたが、
どうぞ、今年も、よろしくお願い致します。




というわけで、久々外に出てみますと、雪の降る、寒い中、お花が咲いていました。
こちらは昨年11月24日に蕾が出ていた「ヒイラギナンテン」。
IMG_9664_convert_20150120130638.jpg
こんな感じの蕾でした。(写真だけは撮っていたのですね。笑)
IMG_9667_convert_20150120130655.jpg
アップで見るとこんな感じでした。
IMG_9669_convert_20150120130715.jpg
んで、下が本日の「ヒイラギナンテン」。
IMG_9968_convert_20150120130729.jpg
同じように見えますが、下の方から花が咲いてきました。
IMG_9970_convert_20150120130743.jpg
少しだけ咲いているけど、北風と雪にさらされて、ちょっと可哀想な感じです。
でも、この季節の黄色の花は、見てると、何だか元気が出ますね。




そして、今日の「スノードロップ」。
IMG_9951_convert_20150120130854.jpg
今朝まで雪の中だったのですが、雪が解けて、芽が見えてきました。
開花まで、あと、もう少しかな。



下は、「ヒヤシンス」の芽。 
IMG_9938_convert_20150120130808.jpg
出たばっかりですね。



そして、「原種系チューリップ」の芽。 
IMG_9961_convert_20150120130822.jpg
もうこんなに出てきています。 これからまだまだ寒くなるんだけど、大丈夫?
IMG_9965_convert_20150120130833.jpg
先日、暖かい日が続いたから、季節を間違えちゃったかな・・。

まだまだ寒いと思っていたのですが、植物たちが、こうやって芽を出しているのを見ていると、
こちらも動き出そうかな、という気がしてくるから不思議です。
寒さと風邪に負けずに、五感を澄まして、自然を楽しむことにしましょう。\(^o^)/ 







20年も経つのですね・・。
 阪神淡路大震災から、今日で、20年・・・。

当時、テレビのニュースで見て知って、恐ろしいことが起こったと、
ショックを受けたのを覚えています。
あれから20年も経つのですね・・・。

あの震災を体験された方々は、どんなに恐ろしい思いをされたことでしょう。
何年経っても、恐ろしい思いは、変わらずに胸に刻まれたままだと思います。
だけれども、その思いを胸に、復興を遂げ続けている街と、人々を見ていると、
こちらまで励まされる思いがします。

思いは人それぞれ、色々で、今も大変な中で生きていらっしゃる方々もあると思いますが、
一人一人が、穏やかな平和な気持ちで日々を暮らして行けるように、祈りたいと思います。

私も、震災の記憶を忘れずに、自分に与えられた日々を、感謝して、大切に生きて行きたいです。

あの震災で、なくなった方々のご冥福を、お祈りします。





ベガルタJ1残留。 柳さんお疲れ様。
 お久しぶりでございます。
毎日寒いですね・・・。 ものすごく雪が降っている地域もあって、
雪かきとか必要な所もあると思いますが、どうぞ、体に気を付けて
暖かくしてお過ごしくださいね。


私はと言えば、ブログをお休みしている間も、J1で残留争いをしている地元のサッカーチーム
「ベガルタ仙台」の試合に行ったりして、応援を続けていたのですが、先日、ついに、
J1残留が確定しました~~。
IMG_9652_convert_20141209193648.jpg
僅差でギリギリ何とかセーフという感じでの残留だったので、あと一試合勝ってなかったら
ヤバいところでした・・・。 まあ、残留が決まった今は、とにもかくにも、一安心です。
IMG_9655_convert_20141209193709.jpg


そして、うちのチームの心の支え、
元日本代表の、柳沢 敦選手が、
今季を持って引退することが決まりました。
IMG_9765.jpg
彼は2011年度から、うちのチームに来てくれて、
震災が起こってチームが休止している間は
自分からボランティアに申し込んで、被災者に
水や食料を運んだりと様々な活動を
してくれていたそうです。
IMG_9767.jpg
サッカー再開後は、チームのみんなと共に、私達に夢と元気とワクワク感を届けてくれました。
彼らのお蔭で、どれだけ力をもらったか。 感謝しかありません。
IMG_9712.jpg
今後の去就はまだハッキリしないそうですが、出来ればベガルタのチーム関係者として、
また力を貸してもらえたら嬉しいなと思っています。
IMG_9768.jpg
「ヤナギ、19年間お疲れ様でした。 そして、ワクワクを、ありがとうございました。」
IMG_9769.jpg


最終戦、対戦したサンフレッチェ広島。 
試合には負けてしまい、ヤナギを勝利で送ることは出来なかったのですが、
ゲーム終了後、広島の選手が、ヤナギの所に来てくれて、背番号と同じ
13回の胴上げを、仙台サポーターの前で、してくれました。
IMG_9771.jpg
相手のチームと選手のことを考えて、そういう演出をしてくれる、広島の選手達に感動。
IMG_9772.jpg
本当にありがとうございました。



それから、今季J2の、お隣チーム「モンテディオ山形」が、J1昇格プレーオフで勝ち進み、
見事J1昇格が決まりました~~。
IMG_9784.jpg
私の応援する「ベガルタ仙台」とは、お隣同志のライバルチームで、同じリーグにいる時には、
「みちのくダービー」と言って、熱いライバル争いをしているのですが、今回は同じ東北の
チームとして、テレビの前で応援です。
IMG_9783_convert_20141209210911.jpg
引き分けだと勝ち進むことが出来ない、勝つしかない試合を2試合、
奇跡的な勝利で昇格しました~~~。 スゴイ!!
ライバルチームだけど、自分のチームのように手に汗握って応援して、
勝利が決まった時にはハイタッチをして大喜び。 
感動的なゲームを見せてもらって、涙が出そうでした。
来年はまたダービーで、対戦できると思うと、山形のスタジアムグルメも含めて、
楽しみです。


また来年も、ベガルタと山形と共にJ1で、東北を盛り上げて行ってくれればと思います。
しかし、ハラハラドキドキの一年でした。 来年は、残留争いに巻き込まれない
余裕の年になってくれたらいいな~と願うばかりです。

来週は、お隣の山形さんが出場する、サッカー天皇杯決勝もあります。
同じ東北人として、またテレビで応援したいと思います。
楽しみだ~~。





(コメント欄はお休み中です。)


タイヤ交換中に考えたこと。
 だいぶ寒くなってきました。
もう雪が積もっている地域もあるんですものね・・。 冬ですね。

うちの方でも、昨日、初氷・初霜を観測したそうで、今朝も、通勤前の旦那の車の
フロントガラスが凍っていて、お風呂のお湯をかけて溶かしてから、出かけて行きました。

(こちらは、こぼれ種から秋口に芽を出して花を咲かせている夏の花、ボリジ。)
IMG_9627_convert_20141120120418.jpg
私も昨日、車のタイヤを、ディーラーに頼んで交換してもらいました☆
もうそろそろ、こちらでは、雪がいつ降ってもおかしくない感じなのですが、
これでとりあえず、一安心です。
IMG_9629_convert_20141120120439.jpg
(こんな寒い季節にも、精一杯お花を咲かせる姿に、ちょっと感動します)


そして、タイヤ交換してもらっている間に、料理雑誌を読んで待っていたのですが、
その雑誌のあるページに、家計の見直しについての相談記事が載っていました。

ある40代の家計診断で、旦那さんは会社員、奥さまは専業主婦で、貯金が
1000万円貯まっているというお宅でした。 「ヒョエ~、1000万!? スゴイな!!」
驚き桃の木です。 みんなそれくらい貯めてて普通なのかな?

さっきまで、気分はルンルンだったのが、急に不安になってきた・・・。
私がお金を貯めるのが上手でないから、うちは貯金が少ないんだって、
思わず凹んじゃいました・・・・。  旦那さん、ごめんね・・・。
年に幾らずつ貯めていれば、このくらいになるのかな、なんて計算したりして・・・。


・・・・でも、少し考えてから、「いやまてよ」、と思い直しました。
私はお金を貯める能力に、だいぶ欠けていると思うけど、時々美味しいものを食べたり、
どこかに出かけたり、そういうことに使ってる分のお金は減ってるのかもしれないけど、
それで幸せな気持ちを、たくさん貰ってるもんな~ということを。
その幸せ感は、お金では換算できないものかもしれないと。

もちろん、お金はたくさんあるに越したことはないんだけれど、もっともっと貯めないとって
毎日そればかり考えてたら、私は、その日一日を、幸せ感を持って過ごせるかな、って。

それに、未来は変えることが可能だけど、過去は、どうやったって、変えられない。
だったら、変わらない過去を「ああだったら、こうだったら」と考えて悩むよりも
今、自分の目の前に与えられていることに感謝する方が、人生百倍楽しいかも。

今の時代、明日に何があるか、分かんない世の中だもんね。
ちゃんと、感謝して、楽しく使ってるし。 (…なんて言い訳か・・・。)  
毎日何がなくとも生きてるだけで幸せで、たとえ明日に死んだとしても、後悔はないもの。
だから、ま、いっか~・・。

・・というわけで、落ち込み終了。

日常の幸せに感謝しつつ、やっぱり、お金は貯まれば嬉しいな~と
思っては、いるのですが・・。笑
過去は変えられないけど、未来は変えられ得るからね。
何を以て幸せと考えるかとか、人それぞれだし、
自分に出来る範囲で、努力することにしましょう・・。



しかし、お釈迦様は「人生は皆苦」だよって、言われたそうですけど、
人それぞれ、いくつになっても、悩みは尽きませんね。

昔は、本を読んだり、誰かに学んだり、自分の考え方を変えたりすれば、
いつか悩みが一つもなくなって、全てが幸せばかりになるって思ってたのですが、
悩みがなくならないのは、自分の努力が足りないのかもって思っていたのですが、
どんなに本を読んでも、努力しても、未だ、どこにも辿りつけてない感じで。
いつか、どこかに辿り着けるんだろうか・・・なんてね。

でも、最近、自分がこれまで歩いてきた道は、もう変更できないし、
実は初めからこうなるようになっていて、人生で起こった、良いことも、
そうでないことも、全てOKなんじゃないかな、と思うようになったら、
何だか以前より気持ちが楽になって来たのでした。

悩みはなくならなくても、幸せなこともたくさんあるし、
色々凹むことが多かったりしても、でも、今の自分のままで、
幸せであることも出来るなって、今思いました。

苦しみはなくなることがなくても、そのままで、幸せであることが出来る。
これってスゴイことかも。
日々の「楽しい」を積み重ねたら、人生±(プラマイ)オールハッピーな感じもするし。
そう考えたら、生きてくことも、結構楽しいかな。ヽ(^。^)ノ


 追伸:コメント欄は、しばらくお休みします。



Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。