自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から3年。
 3月11日。
今日で、あの震災から3年が経ったことになります。
3年経つのが、早かったような、長かったような、正直、良く分からない感じです。
でも、あの日のことは、そして、その後の数日間の事は、今でも鮮明に覚えています。

大震災でなくなられた、たくさんの方々の、ご冥福をお祈りします。
そして、未だ、行方不明の方々が、一日も早く、ご遺族の元に戻れることを祈念します。


日本中、世界中の皆さんの、色々な応援に、感謝します。

あの日の事を、毎年ブログでお知らせすることで、記事を読んで、辛い記憶を
思い出して、嫌な思いをさせることがあったら申し訳ないとは思うのですが、
災害は、今後いつどこで起こるか分からないし、あの日、被災地にいた自分が、
経験したことを伝えることで、何かあった時に、思い出してくれて、少しでも
自分の命を救う方向に進んでほしいと思う気持ちもあって、書き続けて行こうと
決めました。


私が、一番伝えたいことは、海が近くにあって大きな地震があったら、少しでも高い場所に、
すぐに逃げること

平地で、周りに高い場所がなかったとしても、諦めないで、すぐ近くの、比較的がっちりした
2階建て以上の高い所へ逃げること。 家の2階でも助かる人はいます。

そして、病気で薬が欠かせない人は、を持って逃げること。
うちの母は、薬がないとお腹に穴が開く病気なのに、自宅に忘れてしまって大変でした・・。

また、海が見えない場所でも、ここまで来ないだろうと思っても、津波が到達する場合があります。
山の近くでも、小さな沢を伝って、津波は来ました。そして、海に流されました。

とにかく、すぐに逃げて下さい。
そして、何が起こっても、決して最後まで諦めないで、自分のいる状況を把握して、
その時、その状況で、最善と自分が信じた行動を、すばやく取ることです。


お金より財産より車より、命が、一番大事です。 自分の一番大切な、を守って下さい。


そして、今のうちに、家族と、もしもの災害が起こった時に、どう行動するか、どこに逃げるか
それぞれ別の場所にいたとしても、どこで落ち合うか話し合ってみて下さい。
出来れば、避難所などは、色んなルートから歩いてみて、何分かかるかなど確認した方が
いいと思います。 災害時は、電気も携帯電話も使えないことがほとんどです
どうやって連絡を取るかは、平常時に考えて、家族で確認しておいた方がいいと思います。




この先は津波の記事となります。




2011年3月11日、14時46分。 宮城県石巻市。

その日、私は、親戚の葬式に出席するため、実家のある、石巻に里帰りしていました。
前日お葬式を終えて、その日は、車で自宅に帰るはずでした。
14時には出発しようと思っていたのに、何故か、帰る気になれなくて、実家のリビングで
母とお茶を飲みながら、「あと少ししたら帰るね。」と言いながら、話をしていました。

前々日から、大きい揺れと小刻みの揺れが、1時間に数回ずつ、続いていたのですが、
この時間、それまでと全然威力の違う、地球が割れるのではないかと思うほどの
大きな揺れに襲われました。それが3分くらいずっと続きました。
そして、その後も大きい揺れが何度となく来ました。

地震の影響で、電気はすぐに停電になり、テレビも見れなくなりました。
津波の情報は、携帯電話ですぐに連絡をくれた旦那から聞いて知りました。
しかも、その電話の後、親戚に電話をしようとしても、電話が通じることは
ありませんでした。

近所の人に、大津波が来るから避難所に逃げましょうと声をかけて、
コートとカバンだけを持って、着の身着のまま、母と避難所へ向かいました。

これまで、大きな地震が何度となくあっても、津波が来たことはなかったので、
本当に津波が来るとは、正直、思っていませんでした。

ご近所の人たちと一緒に、避難所の2階に上がり「怖かったね~。」と話していると、
突然ものすごい音がして、窓の外を見て、みんな騒いでいます。

駆け寄って見ると、実家の2階のすぐ下まで、水に浸かっているのが見えました。
実家のお隣の家の車が、水にプカプカ浮いています。
その時初めて、津波が来たんだと理解しました。

避難所の裏側は、国道でした。
私たちが避難所に駆け込んだ時、国道はたくさんの車で渋滞していました。
国道側の窓から外を見ていた人は、国道を、車と人が流されていると叫んでいました。
私は怖くて、道路側の窓を見ることが出来ませんでした。
誰かを助けたくても助けることが出来ません。
私たちのいる避難所も、2階の窓の下まで津波が押し寄せていて、外に出ることも出来ません。
2階建てで、屋根にも登れない建物の中で、私たちが流されるのも時間の問題だと思いました。

第2波、第3波は大きくなくて、建物の中に水が入ってくることはありませんでしたが、
それから3日間、小さなスペースに200人くらいの人が、一人につき、飴玉1個と
コップ半分の水だけで、葬儀社の薄いカーテンにくるまって、ろうそくの明かりの中、
身を寄せながら、氷点下の中、凍えながら助けを待つことになったのです。
3日目に、旦那が水をかき分けて迎えに来てくれて、ようやく助かりましたが、
津波が来たのを見た時には、正直、人生終わったなと覚悟しました。




大きな地震の後、電気は停電するかも知れません。
うちでは、すぐに停電して、テレビは見れませんでした
防災無線も、なっていたのかもしれませんが、動転して聞こえませんでした
津波が来るというのは、知らなかった人も多かったかもしれません。
携帯電話も、すぐに通じなくなりました
みんな一斉に安否確認するから、回線がパンクするのです。

なので、平常時に、ご家族と、もしもの災害の時には、どう行動するか、
どこに逃げるか、連絡がつかなかったらどうするか、離れ離れの時に
どこで落ち合うか
等、みんなで話し合って決めておくといいと思います。

そして、すぐそばに家族がいない場合は、相手は逃げていると信じて、
まず、周りの人だけ連れて、とにかく逃げることです。
それも平常時に確認しておくといいと思います。
自分の命はそれぞれ守ること。



繰り返しますが、災害が、もし起こってしまったら、
何が起こっても、決して最後まで諦めないで、自分のいる状況を把握して、
その時、その状況で、最善と自分が信じた行動を、すばやく取ることです。


お金より財産より車より、命が、一番大事です。 自分の一番大切な、をどうか守って下さい。



最後に、震災でなくなられた、たくさんの方々の、ご冥福を、心から祈ります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

最低限、自分たちにできることは、風化させないことですね。
次の世代、またその次の世代にもあったことを伝えていけるようにしないとな…と日々思います。
tomhit | URL | 2014/03/11/Tue 23:10 [編集]
おはようございます。

怖い思いをされたのですね。
私は中越地震を経験しましたが、何年も揺れが怖くて怖くて・・・
今もそうですが、玄関までの通路には物を置きません。
最低限の物で生活している感じです。

命は大切です。
ゆーさんの想い、文章から伝わってきました。
ありがとう、ゆーさん。
ゆきんこ | URL | 2014/03/12/Wed 07:33 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/03/12/Wed 09:01 [編集]
3年ですね・・・。

テレビを見ながら何度も涙がぼれました。
ゆーさんの経験された「教訓」

とにかく逃げて下さい、しっかり覚えておきますね。
「命」を守ることも。

なかなか進まない復興、風化させないようにしたいです。
もねのかぎしっぽ | URL | 2014/03/12/Wed 14:52 [編集]
tomhitさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。
返コメ遅くなってすみません・・・。

毎年、記事をアップしていくことは
色々考えることもあるのですが、今は
自分に出来ることをしていこうと
思っています。
やっぱり身内がなくなるのは、本当に
悲しいことなので、悲しい思いをする人を
少しでも減らせるように、自然を甘く見ず、
命を守ることを伝えていきたいと思います。(^^)/
 ゆー | URL | 2014/03/13/Thu 08:10 [編集]
ゆきんこ さんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

ゆきんこさんも、怖い思いをされましたね。
大きな地震の後は、ちょっとの揺れでも、
敏感になりますし、地震のたびに恐ろしいですよね。

今回の震災は、津波が来ないと思って逃げ遅れたり、
どうしたらいいか、分からずに巻き込まれた人が
たくさんいたと思うので、火急の時に、少しでも
お役にたてればと願っています。
何が起こるか分からない世の中ですが、その中で
それぞれの最善を尽くしてもらえたらと思います。(^^)/

 ゆー | URL | 2014/03/13/Thu 08:17 [編集]
鍵コメさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

震災で怖い思いはしたのですが、
色々と覚悟も出来ましたし、学んだ
ことも多かったと思います。
とはいえ、残された家族にとっては、
一生背負っていくものになってしまうので、
同じような悲しみを出来るだけ減らしたいなと
思って書いてました。
これからは出来るだけ笑って生きて行こうと思ってます。
春はもうすぐですね。(^^)/

 ゆー | URL | 2014/03/13/Thu 08:23 [編集]
もねのかぎしっぽさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

3年。早いのか、あっという間か、
・・どちらもですね。
神戸の方々も、毎年そう思うのかな。

災害は、色んな形で起こりますが、
その時に応じて、取る行動は変わって
くるとは思うのですが、海沿いに
お住まいの方々には、大きな地震の時に
どんなことがあるか、命を守るための
参考になればと思っています。

復興に関しては、色々と仕方のない部分も
あると思うのですが、いい方向に向かって
ほしいなと思います。(^^)/
 ゆー | URL | 2014/03/13/Thu 08:30 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2014/03/13/Thu 22:58 [編集]
鍵コメさんへ
おはようございます。
コメントありがとうございます。

朝方の大きな地震、そちらは震度が
高くて怖かったことでしょう。
大丈夫でしたか・・?
余震のある場合もあるので、気を付けて
下さいね。

避難場所を知っておくことは、重要なこと
だと思います。知っていれば、慌てずに
行動できますよね。

地震の直前は、私は、地鳴りが聞こえるので
分かります。家族は聞こえないって言うのですが
聞こえる人と、聞こえない人がいるようです。

余震とか、必ず来るとは限りませんが、
十分注意なさって下さいね。(*^_^*)
 ゆー | URL | 2014/03/14/Fri 08:33 [編集]
この日の出来事を思い起こすたびに 心が苦しくなります。
想像できない辛い現実を経験されたんですね。

3.11からずっと繋がっている現実・・
いろんな事に対して価値観も変わってしまいました。 
風化させない! このことがいつも心にあります。
ルックンみつばち | URL | 2014/03/16/Sun 13:02 [編集]
ルックンみつばち さんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
返コメ遅くなってすみません・・・。

3年目というのは、なかなか色んな
想いが押し寄せてきて、ちょっと
ドッと来てしまいました・・。
それでも、春はやってきますね。
久しぶりに庭の様子を見てみたら、
色んな花が咲いていて、心にも
花が咲いたような心持ちになりました。
お花のパワーは、やっぱりスゴイですね。ヽ(^。^)ノ

 ゆー | URL | 2014/03/28/Fri 15:10 [編集]
Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。