FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

明日で2年。
 東日本大震災から、明日で2年経ちます。
__+(29)_convert_20130310164500.jpg
(2011年12月30日の写真)

11日を迎える、その前に、震災でなくなった、イトコ家族のお線香上げに行ってきました。

津波で土台ごと家が流されて、今は何もなくなった、彼らの家が建っていた場所に、
お線香とお花を置いて、手を合わせました。
たくさんのことが思い出されて、涙があふれて止まりませんでした・・。

そのあと、お寺に行って、お花とお菓子と飲み物を置いて、
お線香あげて、いつものように、少し、話をしてきました。

あの日から2年経つ今でも、彼らに、もう会うことが出来ないということが、
実感として分かりません。頭でわかっていても心が理解できてない感じかな。
ちょっとご無沙汰しているだけで、すぐに、また会える気がするのです。


あの日、震災の起こる1時間前に、イトコと会って話をしたばかりでした・・・。
震災の前日、病気でなくなった叔父の葬儀が終わり、震災当日にもイトコの家に行って
叔父の仏前にお線香をあげて「私は今日帰るけど、また来るからね。」と言って、
別れて1時間後の大震災でした。


何度電話をかけても、一度も繋がらないまま、
生きているはずだと、信じて探した市内の避難所の名簿の中に、
どこを探しても、彼らの名前は見つかりませんでした・・・。

携帯に登録した電話番号は、未だに削除することが出来ません。
この番号があるだけで、どこかで繋がっている感じがするのです。
きっとこれから先も、そのまま残していくことでしょう。
母も、どうしても削除できなくて、そのままなんだと言っていました。



震災のあと、いろんなことがあって、あまりにツラくて悲しくて、
しばらくの間、半年くらいは、一人になると、毎日思い出しては、
泣いて暮らしていました。

でも、私がいつまでも泣いていたら、彼らは悲しく思うだろうなと
ある日気が付きました。

私が逆の立場だったら、残された大切な人たちには、笑って暮らして欲しい。
いつも暖かく見守っていてくれた彼らも、きっとそう思うだろうな、と。
それに気が付いて、毎日泣いて暮らすことをやめました。
毎日笑って、悲しいこともツラいことも笑い飛ばして、
前を向いて生きることに決めました。

周りの人たちも、みんな、毎日、先のことはなるべく考えずに、
すぐ目の前のことだけをこなしながら、、面白いことを言っては
笑って暮らしています。
笑い飛ばして、なんとか元気に生きてるって感じもあるけれど・・・。


イトコ家族のことは、悲しくて、これまで、ほとんど記事には出来ませんでした。

2年の月日が経って、心の整理は、まだ出来ないけれど、
少しずつ前を向いて生きていきたいと思っています。




スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

2年ですね・・・

ゆーさんの言葉を一つ一つ胸においています。
言葉で元気にと言うのは簡単ですが 私にはその言葉は酷で使えなくて・・・

少しずつ気持ちが落ち着きますように・・・
ルックンみつばち | URL | 2013/03/10/Sun 17:11 [編集]
こんばんは
もう2年経ってしまうなんて信じられないくらいですね。
このまま日本は終わってしまうんじゃないか・・なんて思ったほどでした。

ゆー様ももしかしたら一緒に巻き込まれていてもおかしくなかったですよね。
生かされたことが運命なんですね。

いとこさん達の分も頑張って生きていきましょう!P
天使の薔薇庭 Nana | URL | 2013/03/10/Sun 21:09 [編集]
ルックンみつばちさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も、周りも、結構元気ですよ~。
意外とみんな笑っています。
クヨクヨ泣いて後ろを向いてても
何も変わらないって、みんな強いです。
周りを見てると、私も元気になります。

面白いことを言って「ダハハハハ~!」と
みんなで大笑いして暮らしています。
なくなった人たちも、きっとそばで見てて、
一緒に笑っていることでしょう。(*^^)v

いつもありがとうございます。

 ゆー | URL | 2013/03/11/Mon 08:26 [編集]
天使の薔薇庭 Nanaさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。

あれからもう2年ですね。
私も、あの日は地球が壊れるかと思いました。
そして、あの日、人生が終わったかとも思いました。

私の避難した場所も、窓のすぐ下まで波が来て、
あと1メートル高い津波が来ていたら、
助かってなかったと思います。
生き残って失敗したかなと思った日もありましたが
行かされたことが運命なんですね。
今は普通に暮らせているのがありがたいです。

こんな日々が戻ってくるとは思いませんでした。
これから、出来るだけ、生きているという実感を
もって、精一杯、生きていければと思います。

いつもありがとうございます。(^^♪

 ゆー | URL | 2013/03/11/Mon 11:42 [編集]
Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.