FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

青い鳥はどこにいるのか ~ 私が読書好きな訳。
 私は、本を読むことがとても好きで、暇さえあれば、本を読んでいる気がする。

「読書が趣味っていいよね~。」とか、人に言われることが多いのだけど、
「そっかな~。」と、これまでは別に何とも思っていなかった。


そういえば、なんで本を読み始めたのかな~・・・と考えてみたら、
初めは、心が苦しくて苦しくて、仕方がなかったから、読み始めたのだった。


いつも自分に自身がなくて、安心感がなくて、心が苦しくて、しんどくて、
どうしたら苦しくなくなるかと思って、藁にもすがる思いで、本を読んだ。
・・・そんな切実な始まりだったのを、思い出した。


DSC_2920_convert_20120811134920.jpg
↑ ひまわりの振り子。太陽光が当たると、左右に動きます。

子供の頃、愛はたくさんもらっているはずなのに、何だか、
いつも足りない気がしていた。


母は結婚して、初めて住む土地で子育てを始めたばかりだった。
父は単身赴任で年に何度かしか帰ってこないし、性格が全く違う。
その上、周りからはヤイノヤイノ言われて、母もいろいろ精神的にも
不安だったのだろう。 

当時、母は体が弱く、いつも寝込んでいて、私が学校から帰っても
いつも体調が悪そうだった。
夕方、家に帰ると、やっぱり寝込んでいることが多かった。

私は、明るく振舞っていたけれど、いつも孤独を感じていて、
お母さんが元気で温かい雰囲気の家庭がうらやましかった。
夕方、家に帰りたくなくて、よく友達の家から遅く帰って、
母を心配させて泣かせてしまったりもした。
何だかいつも寂しくて不安で、マッチ売りの少女のような気持ちで、
楽しそうな声が聞こえる隣のお家を、窓から眺めていたりした。




だけど、それは子供の頃のお話だ。
今では、父も母も相変わらず性格は違うけど、時々けんかしながらも、
元気に仲良く暮らしている。




あの頃、私は、本が悩んでいることの答えを
教えてくれるのではないかと思っていた。
それで次から次へとたくさんの本をむさぼるように読んでいた。
本は全てを教えてくれるのではなく、自分探しの方法を
示してくれるだけで、自分の道(やり方)は、自分で探して見つけて
自分で選ぶんだ、ということに気付いたのは、数年前のこと。

そんなことを理解するまでに何十年もかかった。
ま、それも全ては必要な時間だったけど。


私の場合、たいてい、本屋さんに行くと、もしくは図書館に行くと、
「私を読んで!」と、本が目に飛び込んでくる。
んで、目についたもの、心に引っ掛かったものを手に取り、
お持ち帰りする。
直観というのはすごいもので、だいたい当たり外れはない、かな。
まあ、今は、自分の所にやって来たものは、全て自分に必要なものだと
思っているので、そういう意味では当たりも外れもないのだけれど。


何かを見つけたくて、一刻も早く楽になりたくて、
次から次へと本を読んでいた。ジャンルは色々。
心理学的なものや自己啓発本、百人一首の説明や西洋のお城の本。
ファンタジーや推理小説。妖精の本だったりマンガだったり。

たいていは、読んでも読んでも、答えは見つからない。
でも、本を読むこと自体が楽しくて夢中になったりもする。
読んでる世界にのめり込むことで、頭が切り替わって、
悩みがどこかに行っちゃうこともある。
現実逃避と言われてみればそうかも知れないけれどね。

時に、読んでいて、内容的に全く訳の分からないこともある。
だけど、とりあえず、全部読む。 
そして、心のどこかに引っかけておく。
すると、その時分からなくっても、あとで引っかけておいたことが
ストンと落ちる時がある。

「あ~、なるほど、前に読んだ本はこういうことを言ってたんだ~。」
ってことが、結構よくあるかもしれない。
全然まったく違う作者で、全く違う内容なのに、それぞれリンクしてる、
みたいなことも、ある。 それは謎解きみたいで、なかなか面白い。
「そうか、やっとわかったぞ~。」って何か掴んだ気がする時もあるのだけど、
たいていは通過点で、また次の問題発生というか、全部解決したりはしない。

ま、人生ってそんなものか。

DSC_2919_convert_20120811134942.jpg
↑ こちらはイルカです。これも同じく左右にユラユラ動きます。

でも、最近ちょっと分かってきたことがある。
人生、意外と自分の思い込み次第かなってこと。

自分に起こる全てが自分にとって良いことなんだと、
そう信じると決めることが大事な気がする、私の場合は。
自分に起こることはすべていいのだ。OKなのだ。
・・・それで、だいぶ楽になった。


焦点を誰か別の人に合わせていると、方向がブレる。
母が昔言っていた。
「自分を幸せに出来ない人は、人を幸せには出来ない。」
きっと、そういうことだ。


まず、「これまで良くやってきたね。」って、自分で自分を
労って、褒めてあげて、認めてみた。
そして、自分の心が心地いいところを探して、何が自分にとっての幸せかを知り、
何かを選ぶ場合には、その自分のコンパスを、まるごと信じちゃうことにした。
そして、いつでも自分は幸せなんだと、決めてみた。

そうしたら、何だかとっても心が軽~くなって、自分の心も誰かの気持ちも
受け止められるようになってきた。・・・ような気がする~~~。笑

DSC_2912_convert_20120811135005.jpg
↑ 実はこれ、父母からのプレゼント。
  「可愛いかったから、ゆーの分も買って来たよ」って。  何だか癒されます。



メーテルリンクの「青い鳥」では、幸せの青い鳥は、実は自分の家の中にいたんだよって
オチだったと思うのだけど、このお話は、ものすごいと、今思う。

きっと、みんな、そういうことなんだ。

必要なことのすべては、幸福の青い鳥は、きっと、みんなの心の中に、あるんだね。



↓ どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ

↓ 出来れば、こちらもよろしくお願いします。



↓ いつもありがとうございます。
FC2Blog Ranking


スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/08/15/Wed 11:10 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/08/15/Wed 11:43 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/08/15/Wed 19:03 [編集]
鍵コメさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ふふふ、また色々考えてました・・。
でも、そういう時もありますよね。
それでも、また前を向いていきたいと思います。

色々あったことは、これからの人生に
必要なことですね。
先にはきっと良いことが待ってるでしょう。(^^♪

 ゆー | URL | 2012/08/15/Wed 20:33 [編集]
鍵コメさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。
本を読むと世界が広がって、これまで知らなかったことを
新たに知ることが出来て面白いですね。

読みたかった本、見つかるといいですね。

これからは自信を持って人生楽しんで
いきたいと思います。
ありがとうございます。(●^o^●)
 ゆー | URL | 2012/08/15/Wed 20:36 [編集]
鍵コメさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

イルカちゃんとひまわりさん、同じものをお持ちですか~。
ビックリですね。そっか~、おソロなんですね。嬉しいな~。
曇りの日は動かなくって、不思議ですよね。
あと、陽が当たってても、動きがいいのと
そうでないのが、ありませんか?

私も、両親が元気でいてくれることが
幸せなことだと思っています。
ありがとうございます。(*^^)v
 ゆー | URL | 2012/08/15/Wed 20:46 [編集]
Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.