FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

父帰る
 単身赴任していた父が、今月半ばに帰ってきていたのですが、「明日再び行ってくるから」、と電話が来ました。


111025_104056.jpg <ガウラ>



私の父は貨物船の機関士で、年に2回くらいあるお休みのほかは、ずっと船に乗っています。


わたしが小さい頃から船に乗っていたので、子供のころは写真でしか父の顔を覚えていなくて
父が帰ってくるたびに、知らないおじさんが来たと思って泣いていたそうです。


体が動かすのが好きで、また、船があちこちに寄港するので、いろいろな場所に行けることが楽しみでもあるみたいで、もうすぐ70歳になろうかという年なのですが、まだ雇用してくださると言ってくれるうちは、辞める気はないみたいです。


3月の震災で、約40年暮らした石巻の実家が津波で流され、全壊しました。


先日、家を見に行ったら、ガレキを撤去してくれたようで、何もかも、なくなっていました。
さら地になってしまったけれど、心の中には思い出が残っていて、今も、
手に取るように思い出せます。



今回、仮設住宅扱いのアパートに帰ってきた父は、まず自転車を購入して、新しい土地を覚えようと、
毎日自転車で駆け回っていました。約2週間の休暇中にその町の、どこに何があるか一生懸命
覚えたみたいです。

体育館でブラスバンドの催しがあると聞くと、自転車で見に行って、ご機嫌で帰ってきたり。
毎日、面白いことをいっぱい言って、母を笑わせていました。



「ここは、いい土地だな。畑も近いし、川沿いの道を散歩できるし、2階の窓から見える景色も見飽きない。橋の上を通る車や近くを走る電車を見るのも楽しい。
近くに店が集中してあるから買い物もしやすいし、アパートも日当たり良くて暖かい。気に入ったよ。」  
父が、言います。




「慣れないアパート暮らしだけど、こじんまりして暖かいし、お掃除も楽ちん。
生きていることに感謝。みんなに感謝。あるのは感謝だけだよ。」 
母が言います。



約40年間、家族で暮らした思い出のある家が一瞬にしてなくなり、父の兄と母の妹、いとこ、親戚、
大事な人たちが一瞬にして亡くなった。つらいことも、悲しいことも、たくさんたくさん、あったよね。


だけど、冗談を言って、笑って前を向いて、日々楽しんで生きようとしている両親の姿を見て、
何よりの教えだなあと感謝するとともに、私も、この先、どんなことがあっても日々楽しんで、
笑って生きていこう
、と思いました。


111025_104042.jpg 
<またひとつボリジが咲きました>



気を付けて行ってらっしゃい。帰ってきたら、また美味しいご飯食べに行こうね。


スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ゆーさん
私は震災の記事には今まで目を背けてきました・・・。

もちろんTVで親を亡くした子供を見るだけで号泣してしまいますし、
頑張っている被災地の方たちをいつも応援しています。

でも・・・何も被害に合わなかった私が
どんな言葉をかけてあげればいいんだろう?!

だって、あの震災の直後に『頑張って!』って言われても、
『頑張れる訳ね~だろ!!』ってのが、被害者の正直な気持ちだと思うのです。

親や子供を亡くして、どんなに辛いかって考えたら
被害にたまたま合わなかった私たちにだって、その辛さや悲しみは
わかります。
でもどんな言葉も薄っぺらな同情にとられてしまうのではないか?
って思ってしまって・・・

こうしてブログでご縁をいただいたゆーさんの
震災の記事を読んでも、私には何もしてあげることが出来ないなら
読まないようにしよう・・・って避けてしまっていました。
ごめんなさい(つω-`*)

でもでも、この記事を読んでびっくりしてしまいました!

この状況で、お父さんはどうしてこんなにポジティブなのでしょう?!
そして感謝の言葉が出るゆーさんのお母さんも何者なのでしょう?!(いい意味です^^;)
すごいなぁ~~と感動しました。(つω-`*)

でもゆーさんのご実家が全壊されたこと、大切な身近な人が亡くなった事
とてもとても辛かっただとうと思います。
それでも人間前を向いて歩いていけるんだな~って

素敵なご両親ですね^^ もちろんゆーさんも^^

私も生きていることに、生かしていただいていることに?
感謝しなくちゃですね!(*^ー^*)
haru | URL | 2012/01/18/Wed 19:55 [編集]
haruさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

いいんですよ。
震災では日本中の人たちが、映像を見て、
苦しい大変な思いをしましたね。
映像を見ているからこその、
トラウマとかもあると思います。
haruさんも、辛かったですね。

「頑張って」って言われる方が辛いだろうと
こちらの気持ちを思って下さるharuさんの
優しい心をありがたく思います。

父はね、母が生きててくれただけで十分なの。
震災の後、初めて電話で話した時、父が泣いたところ
見たことなかったのに号泣してたのね。
それだけで幸せだって、たぶん分かったんだと思うの。

母は、すごい天然な人なんだけど、これまで、
すべてが持ってて当たり前みたいに思ってたのが
一瞬で家ごと持っていかれたけど、本当に大事な
物が何かが、はっきり分かったんだって。
人の優しさとかこれまで気づかなかったことに
気づけたって。

私もね、大事なものはそんなにないなって思って、
だから、大事なものを守る以外はどんなことも
そんなにたいした事じゃないと思えるようになったから、
人生、悪いことばかりでもないんです。

結構、被災地の人たち、明るいですよ。
まあ、人によりけりですけど・・。
もう笑い飛ばすしかないかって感じで・・。

だから、忘れないでいてもらえれば、それでいいんです。
みんな暗くならないで、ちゃんと人生楽しんで良いんですよ。

お互い、今生きていることに感謝して、楽しく、
前を向いて、元気に生きれるといいですね♪
 ゆー | URL | 2012/01/18/Wed 21:45 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.