FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

震災について①
 
 今日から数日、大震災の話が続きます。

思い出したくない方もいるかもしれませんが、
私は、あの大震災の時、その真っ只中にいた自分が、体験した記憶を、
他の人に伝えていくことが重要なのではないかと思っています。

一年を経て、やっと少しは落ち着いて、語ることが出来るように
なったのかなとも思っています。




 
 一年前の3月9日、この日私は、実家のある宮城県石巻市に帰っていました。
親戚が亡くなったため、お通夜とお葬式に出るためです。

前日、実家の母からその連絡が入ったので、
翌朝、家を出て、お通夜の場所へ車で向かいました。
数日暖かい天気が続いていて、
その日も天気はポカポカしていたと思います。


お通夜をしていた時、突然、大きい地震が起こりました。
「宮城県沖地震」が近い将来必ず来ると言われていたので、
それなのかと一瞬、思いましたが、それにしては規模が小さいかな、
という印象だったのを覚えています。


お通夜の間も小さい地震はありましたが、気にするほどではなかったのですが、
ただ、急に午後から雪が降り始めて、夜までに、石巻では珍しく、何センチも
積もるほどの大雪が降りました。(ここは海に近く、通常それ程雪は積もりません。)
夜中、葬祭会館から、一旦実家に戻るのに、雪道は比較的慣れている私でも、
ちょっとビックリするくらいの大雪でした。





次の日(3月10日)の天気は晴れ、故人の人柄のような温かい日のお葬式となりました。
細かい地震は続いていましたが、誰も気に留めていませんでした。
お葬式が終わって、実家に戻り、私は本当はその日のうちに自宅に戻るつもりでした。

実は3月12日に自分の応援するサッカーチーム「ベガルタ仙台」のホーム開幕戦があって、
その前日、旦那の友達が家に泊まる予定になっていて、その準備をしたかったからです。

でも、親戚宅から実家に戻ったのが夕方で、何だか疲れていたので、
その日は実家に泊まって、次の日帰ることに決めたのでした。

その夜、実家で携帯の地震の情報を見てみたら、9日の地震以降、細かい地震が
1時間おきくらいの間隔でずっと続いているのをみて、何だか気持ち悪いな~、
とは思っていました。
でも、まさか次の日に大きな地震が起こるとは、思いもよりませんでした・・・。




そして、家に戻る予定の日(3月11日)、14:46、石巻の実家で、大震災と津波に遭遇しました・・・。
その日は朝から穏やかな天気で、雪はチラついたりするものの、日中は暖かかったのです。
それが、地震の後、30分以上後に、避難所の2階で、窓の外を見て津波が来たことに
気が付いた時、急に空が曇って、吹雪になっていたのです。


この数日の天候は、地震や津波と無関係ではないと、私は思っています。
だからと言って、天候から、地震を予測することはできないとは思いますが・・・。


次の日に続きます。



スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.