自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから5年が経ちました。

 あれから、5年経ちました。あっという間の5年・・・。
あの日のことは、何年経っても、昨日のことのように思い出されます。
この先、どんなに月日が経っても、同じように思い出されることでしょう。

実家があった場所は、当時は瓦礫がいっぱいでグレーの景色が広がっていたのが、今は、
撤去されて瓦礫はなくなったのですが、更地になって、家がたくさんあった場所が、今は
そこに雑草が生える景色が広がって、ガランとして、それはそれで悲しい風景だなと思います。
これから、かさ上げ工事が始まったら、少し変わるでしょうか、今はまだ、そんな感じです。

港の前に作られる予定の防潮堤も、まだまだ工事は進んでいません。
いつ、出来上がるのか、分からない感じです。
政府は、5年が経ったから、震災復興はだいぶ進んでいると言っていて、
現地を見て知らない人は、たぶん、だいぶ進んだだろうと思われていると
思いますが、震災後、復興作業に入るのに1年以上かかったのもあり、
思うように進んでいないのが現状です。

また、今まだ仮設住宅に入居している人も、たくさんいます。
震災直後47万人だった避難者は、2月現在で17万人、そのうち約6万人は
今まだ、仮設住宅に暮らしています。仮設住宅での生活は厳しいものだと思います。
少しでも早く、すべての人が、仮設住宅から出て、災害公営住宅に
入居出来るようになることを願っています。

私の両親は、去年、石巻の災害公営住宅に入居しました。
それまで石巻から離れたアパートに暮らしていて、慣れない気候で
体調を崩しがちで、夜も眠れなくて、睡眠導入剤が欠かせなかったそうなのですが、
故郷に戻ったら、安心したのか、よく眠れるようになり、睡眠導入剤は飲まなくなったそうです。
旦那の母も、今年の6月に石巻の災害公営住宅に入居することが決まっています。
やっぱり慣れた土地が良いのでしょう。お正月に、その場所に一緒に行って来たのですが
何だか嬉しそうでした。これでようやく、落ち着いてリスタート出来る感じかなと思いました。


この5年、人それぞれ、色々なことがあったと思います。
様々な思いもあったでしょう。
これからも私は、この地の姿を見守り続けていきたいと思います。

東日本大震災でなくなられた方は1万5千人を超え、
行方不明の方は、まだ2,561人もいるそうです。
なくなられた方々のご冥福をお祈りします。

そして、生きている私たちは、一日一日を大事に、丁寧に、暮らしていきたいと思います。





スポンサーサイト
Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。