FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

震災から3年。
 3月11日。
今日で、あの震災から3年が経ったことになります。
3年経つのが、早かったような、長かったような、正直、良く分からない感じです。
でも、あの日のことは、そして、その後の数日間の事は、今でも鮮明に覚えています。

大震災でなくなられた、たくさんの方々の、ご冥福をお祈りします。
そして、未だ、行方不明の方々が、一日も早く、ご遺族の元に戻れることを祈念します。


日本中、世界中の皆さんの、色々な応援に、感謝します。

あの日の事を、毎年ブログでお知らせすることで、記事を読んで、辛い記憶を
思い出して、嫌な思いをさせることがあったら申し訳ないとは思うのですが、
災害は、今後いつどこで起こるか分からないし、あの日、被災地にいた自分が、
経験したことを伝えることで、何かあった時に、思い出してくれて、少しでも
自分の命を救う方向に進んでほしいと思う気持ちもあって、書き続けて行こうと
決めました。


私が、一番伝えたいことは、海が近くにあって大きな地震があったら、少しでも高い場所に、
すぐに逃げること

平地で、周りに高い場所がなかったとしても、諦めないで、すぐ近くの、比較的がっちりした
2階建て以上の高い所へ逃げること。 家の2階でも助かる人はいます。

そして、病気で薬が欠かせない人は、を持って逃げること。
うちの母は、薬がないとお腹に穴が開く病気なのに、自宅に忘れてしまって大変でした・・。

また、海が見えない場所でも、ここまで来ないだろうと思っても、津波が到達する場合があります。
山の近くでも、小さな沢を伝って、津波は来ました。そして、海に流されました。

とにかく、すぐに逃げて下さい。
そして、何が起こっても、決して最後まで諦めないで、自分のいる状況を把握して、
その時、その状況で、最善と自分が信じた行動を、すばやく取ることです。


お金より財産より車より、命が、一番大事です。 自分の一番大切な、を守って下さい。


そして、今のうちに、家族と、もしもの災害が起こった時に、どう行動するか、どこに逃げるか
それぞれ別の場所にいたとしても、どこで落ち合うか話し合ってみて下さい。
出来れば、避難所などは、色んなルートから歩いてみて、何分かかるかなど確認した方が
いいと思います。 災害時は、電気も携帯電話も使えないことがほとんどです
どうやって連絡を取るかは、平常時に考えて、家族で確認しておいた方がいいと思います。




この先は津波の記事となります。




続きを読む
スポンサーサイト



Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.