FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

東日本大震災から2年。

 あの、恐ろしい大地震と津波の恐怖から、早いもので2年経ちました。

あの日、私は石巻の実家にいて、近くの避難所に、親と一緒に駆け込んで無事でしたが、
あと、ほんの少し、高い津波が来ていたら、私達も命はありませんでした。
2階建ての避難所の、2階の窓のすぐ下まで、水は迫っていました。
あの日、窓から見た、街が津波に流されていく景色は、忘れることが出来ません。

親には「最悪の場合は、泳いで逃げよう。お互い最期の瞬間まで最善を尽くそうね。」
と話していました。

その夜、避難所のラジオで聞いた「仙台市の荒浜で、200人の遺体が発見されました。」
という放送は、今も耳に残っています。
大変なことが起こっていて、被害は甚大で、だから、ここには助けは来ないと
悟った、絶望の瞬間。

津波の水が引かなくて、逃げることもできず、
食べ物も飲み物もなく、寒さに震えながらの3日間。
寒くて、怖くて、眠れなくて、長かった夜。

旦那が、瓦礫と水をかき分けて歩いて助けに来てくれて、瓦礫をよけながら逃げて、
妹の家で、温かいカップ麺を頂いたときの美味しさは、一生忘れられません。

横になって眠れることの幸せを、あんなに心から感じたことも、初めてでした。


あの津波で、たくさんの親戚や友達、実家の近くに住んでいた幼なじみや、
親友のお母さんも、なくなってしまいました・・。




私の実家のすぐ近くで撮られた画像を見つけました。
この動画には、地震、津波などの衝撃的な映像が含まれています。
精神的なストレスを感じる可能性もありますので、ご注意ください

あの日どんなことが起こっていたかを伝えるために載せていますが、
私も、今見ても胸がバクバクします。耐えられないと思う方は見ないでください。

あの日、すぐ近くの避難所の窓から、この景色を、何も出来ずに、ただ呆然と見つめていました。
これで、人生が終わるんだと思いました。



実家も、故郷も、人々も、すべて、一瞬のうちに・・・。
110331_090000_20130311103345.jpg
(津波の後の実家の内部。瓦礫とヘドロの山になっています。)

文明も文化も、科学の力も、高い防波堤も、自然の脅威は、すべて、
あっという間に飲み込んでしまいます。

110331_092915_20130311103619.jpg
(私の車。500mくらい流されてメチャメチャの状態。乗ってたら生きてなかったでしょう。)


人間の力も、自然にはかなわないのだということを思い知らされました。



↓ これは地元のFMで、繰り返しかけられている曲です。聞くたびに涙がこぼれます。

熊谷 育美  「雲の遥か」



いつ何が起こるかわからない現代。
何が起こっても、どうするべきか自分の頭で考えて、
周りの状況を良く見て、すぐに行動すること。
それが、これからの時代、必要になってくると思います。

自分に起こるまでは、まさか、と思うものです。
でも、その「マサカ」が、いつ自分に降りかからないとも限りません。

用意していても、間に合わないこともあります。
でも、何があっても、決してあきらめずに、その時の状況の中で
最良の選択を、自分で決めて、行動すること。

それを、いつも忘れないようにしたいと思います。



今日FMでかけられた曲。サビの歌詞が心に沁みました。

中島みゆき 「誕生」




東日本大震災で、被害にあわれた方々の生活が、少しでも良くなっていきますように。

そして、なくなられた、たくさんの方々のご冥福をお祈りします。




スポンサーサイト



Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.