FC2ブログ
   自宅の小さな庭での、植物や小動物、虫たちの営みや、日々の生活のあれこれを、徒然に書いてみたいと思います。

重いものを脱いでみよう。
  先日、関東の竜巻の被害をテレビで目にしてから、一年前の津波被害を思い出して、
ちょっとしたショック状態で、毎日何だか悶々としてました・・・。


庭に出てみたり、お風呂に入ってみたり、心を落ち着かせようと
いろいろ試みていたのですが、なかなかヘビーな気持ちになって、
ここ数日の天候も異常気象なのかな~と心配しています。



被害に合われた方々にお見舞い申し上げるとともに、復興復旧が早く進むことを
切に祈ります・・・








今日は庭の話題は一休みして、お話を少し・・・。



人生、生きていく中で、人それぞれ色々な問題を抱えていると思うのですが、
皆さんは、どのようにして、それを乗り越えて行かれているのでしょうか。


私も、他の方から見れば大したことないかも知れないのですが、自分や周りを
含めて、どうにかしたいとは思うけど、どうにもならない、色んな複雑な思いを
持って、毎日暮らしています。




去年の春は、思いもよらない突然の出来事に頭の中が真っ白になってしまい、
ただ、一日一日を必死で生きていくことだけしか考えられなかった・・。
泣いている暇も場所も時間もなく、ただ元気に(ポーズだけどね)前を向いて、
希望だけを心に持って・・。

一年が過ぎて、故郷のガレキはだいぶ片付いてきたけど、故郷だった場所は
家がなくなり、さら地になって、そこがどこだか分からないほど変わってしまい、
なくなった人たちも戻っては来なくて。

被災している中で生じた、元には戻らない心の隙間と、残された現実だけが、
一見平穏な毎日の中でコダマして混乱していて、自分は何も悪いことはしていない、
精一杯やったという感情と、傷ついた心がツラくて前に踏み出せない罪悪感とが
ごちゃ混ぜになって、落ち着いてきた今になって、時々心が折れそうになります。




でも昨年よりはちょっと強くなったのかな、少し、ゆっくり考えると、回復して
また、元気に歩き出しています。

お花や木が「元気出せよ」って咲いてくれてますし。
今年、庭の木や植物達が、これまでになく、ビックリするくらいにお花をつけてくれるのは、
そういうこともあるのかな。 いつも癒してくれて、ありがとうね・・・。

DSC_1665_convert_20120511104454.jpg

そして、一番の力をくれるのは、いつも、旦那さんです。
これまで、人生のツライ時に、いつも逃げ出さないで向き合ってくれて、
うちは子供もいないので、彼がいてくれるおかげで、ここまで元気に生きて
来れています。

ツライこと、悲しいことは半分こ。 楽しいこと、嬉しいことは2倍になって。
自分が一番ツライのに、いつも耳を傾けて話を聞いてくれる。勇気づけてくれる。
遠くにいても、すぐ近くにいつも存在を感じることが出来る。
だから、どんなに離れていても、いつも安心していられる。
私は彼がツラい時に、彼の力になってあげられているかな~・・。

まだまだ目の前の道は、曲がりくねって先は見えないけれど、
二人でいれば、何でも超えて行けると信じようね。
君がいれば、他には何もいらないし・・・。




ひとつ、少し気が楽になる方法を見つけました。
一時しのぎだけど・・。

自分が背負ってる色んな重たいものを、頭の中にイメージして、一枚ずつ脱いでいくの。
心に溜めこんでる「重たいよ~」と言いたくても言えない、そんなひとつひとつを順番に。


ぜ~んぶ脱ぎ切った~、と思ったら、超~スッキリ~~~、・・・でした。


問題は消えてなくなるわけではないけれど、気分転換には良いな~と思ったのでした~。

ぜひ、お試しあれ~。 それでスッキリしたら、超ラッキ~!?









スポンサーサイト



Copyright © mon petit jardin(モン・プチ・ジャルダン) ~庭仕事の喜び~ ゆーさんの庭日記. all rights reserved.